話題の水素水!比較するポイントとは?

強い抗酸化作用で体内の悪玉活性酸素だけを排除してくれる働きがあることが分かり注目を浴びている水素水。健康やアンチエイジング、美容、ダイエット、疲労回復などにも効果があることから男女問わず水素水を求める人が増えています。

その人気に応えるように、色々なメーカーから水素水や水素水を作るグッズなどが販売されています。その余りの数の多さにどれを購入したらいいのか迷うほどです。また、そういった人気を利用して、ほとんど水素が含まれていないのに水素水と称して販売されているものもあります。

より効果的な水素水を美味しく飲むためにも、騙されないためにも、水素水を選ぶときはチェックポイントをきちんと比較して購入するようにしましょう。

5cac5f24607ad65f9a24a905906eaa33_s

水素水を比較するポイント

どれを選んだらいいのか迷ってしまうほどたくさんの種類が販売されている水素水や水素水サーバー。その中にはほとんど水素が混じっていないのにもかかわらず、高額な価格で販売されているものもあるので、しっかり見極めてから購入する必要があります。

では水素水を選ぶとき、どのような点に着目して比較すればいいのでしょうか?

水素水として販売されている商品の場合は、容器にまず着目してください。水素はとても軽い性質を持っているため、ペットボトル容器では機密性が低く、店頭に並べられる段階でほとんどが逃げてしまっています。アルミパウチやアルミ缶などに入った商品が最適です。

続いて注目したいのは量です。アルミパウチやアルミ缶に入っていても、1回封を開けてしまうと徐々に水素が逃げていきます。多くの商品が500ミリリットル入りの容器に入っていますが、高齢者など1回に多量に飲めない人は300ミリリットルや400ミリリットル入りの商品もあります。

水素水でも水素水サーバーでも、気になるのは水素の濃度です。水素水を購入した場合、その水素水にきちんと水素が含まれているのかどうか、外からは全く分かりません。

しかし、薬局で手軽に買えるリトマス紙やフェノールフタレイン液を用いると、酸性の反応を示すかどうかで水素が含まれているかどうか簡単にチェックすることができます。

残念ながら開封する時の濃度まではなかなか分かりませんが、水素水を販売するときには濃度の表示が義務付けられているため、なるべく濃度の高いものを選びましょう。サーバーも濃度の高い水素水を作れるものをお勧めします。

次に気になるのはコストです。水素水は身体に害のない飲み物なのでいくらでも飲むことは可能ですが、商品にしてもサーバーにしても価格が気になります。

商品であれば価格そのものがコストに繋がるので分かりやすいのですが、サーバーの場合は本体価格のほかに、カートリッジを交換する費用や電気代など様々なコストがかかります。

全て計算するのは面倒という人には、ランニングコストなどを比較検討しているサイトなども有りますので参考にしてみてください。サーバーは高いという人にはレンタルのものもあります。レンタルであっても月々にコストはかかりますので注意してください。

様々な商品があるだけにどの商品が人気が有るのか気になるときは口コミサイトやランキングサイトなども参考になります。最後は自分で飲んで比較して、効果を感じることのできる水素水を選びましょう。


ここに注意!水素水の濃度

5d9d5388e0b3965340134a789519ee89_s

水素水を購入するとき、水素水を作るためのグッズを購入する際、どうしても一番目に付いてしまうのは価格です。特に大型のサーバーになると本体価格だけで50万円以上するものもあるのでどの商品にするかしっかり見極める必要があります。

水素水と水は外見からは全く見分けがつきません。そのため、水素水と称して高い金額で販売されているものの中にはほとんど水素が含まれていないという物もあるのです。また、容器の構造で購入する際にはすっかり水素が抜けてしまっていたということもあります。

騙されて購入しないためにも、水素水の効果をしっかり得るためにも、高濃度の水素水を選ぶためにはどのような点に注意したらいいのでしょうか。


水素水を比較するときに注意すべき点

水素水の場合、水素濃度を表示することが義務付けられています。この濃度で多くの人達が選んでしまいがちですが、実はこの数値は水素水ができた時点での濃度。実際にはその後容器に充填され、出荷、販売と時間が経過するにつれて水素は抜けていってしまいます。

水素水で肝心なのは飲む時の濃度。しかし、外見では普通の水も水素水も違いは無いので、どのくらいの水素濃度があるのか検討がつきません。そこで商品を選ぶためには開封時の濃度まで記載されているものを選ぶようにしましょう。

また、表示がない場合はなるべくアルミパウチ構造やアルミ缶の商品を。ペットボトル商品は機密性が低く水素が逃げやすいと考えられています。

サーバーであれば飲みたいときに作るため、製品に表示されている濃度の数値が飲む時の濃度になります。ですからコストと大きさ、そして表示されている濃度を参考に購入かレンタルかを決めましょう。サーバーの場合は製造方法が異なるので、どのような作り方で水素水を作るのかもチェックが必要です。

出来上がった水素水に本当に酸素が含まれているのかどうかはリトマス試験紙やフェノールフタレイン液などが簡単に手に入り手軽にチェックできますが、さらにどのくらいの濃度が含まれているのか細かくチェックするためには「溶存水素濃度判定試薬」というものがあります。

自分が普段飲んでいる水素水に、きちんと水素が含まれているか、どのくらいの濃度があるのかチェックしてみることで安心、安全な水素水を飲むことができます。

水素水について知る